タイでの日々 by タイ語教室タイ語翻訳の日タイランゲージセンター大阪

大阪京橋にあるタイ語教室タイ語翻訳の日タイランゲージセンター代表のブログ。現地採用でタイに就職していた時のこと、タイ・タイ人・タイ語について、センターからのお知らせ、タイ関連イベント情報等を発信。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< タイ語の発音は難しい | main | 桃谷のタイマッサージ店JINTANAさんのチラシを置かせていただきました >>

1998年 初めてのタイ旅行(1) ドンムアン空港到着

JUGEMテーマ:タイ

私が初めてタイへ行ったのは1998年の大学三回生の夏休みでした。

初めはタイに行く気は全くなかったんです。初めての海外旅行で一ヶ月間インドを旅しようと思い、格安航空券を扱う某有名旅行社に航空券の予約をしに行きました。そこのスタッフに一ヶ月もあるんだったらタイにストップオーバーできるチケットでタイにも行ったらどうかと勧められたのがきっかけでした。

事前にバンコクの安宿事情なんかを調べてなかったので、カオサン通りが安宿街になっていることも知りませんでした。バンコクのドンムアン空港に到着後、一応持って行ったガイドブック(バックパッカー向けでない)を見ると、空港から電車でバンコクの中央駅であるファランポーン駅へ行けることがわかったので、空港から歩いて空港前の鉄道駅に行きました。

空港から駅に行くのには国道をまたぐ歩道橋を渡っていくのですが、ここから車がたくさん走っているのを見てバンコクは都会だなと妙に感動しながら写真を何枚も撮りました。

駅に着いてガイドブックを見せながら何とかファランポーン駅までの切符を買い、電車に乗り込みました。

各駅停車だったので、それぞれの駅の風景をゆっくり見ることができたし、お腹がすいたので途中の駅に停まった時に、売店で酸っぱくて中に春雨と米の入ったタイのソーセージを買って食べたりしました。この時点では列車の旅を満喫していました。

しばらくは初めての海外旅行を楽しんでいたのですが、いつまでたってもファランポーンに着く気配がなく、日が段々と落ちて行き夕方になるころには「暗くなってからホテルが探せるのか…」と心配になってきました・・・・・・・・・・・

バンコクの交通

当ブログ管理者の運営する日タイランゲージセンターでは翻訳や語学教室等、タイ語に関する様々なサービスをご提供しております。
タイ語翻訳の日タイランゲージセンター

京橋タウンガイド
大阪京橋のグルメ・きれい・癒し・便利な情報発信!


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へタイ・ブログランキング

タイ旅行 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taidenohibi.jugem.jp/trackback/23
この記事に対するトラックバック
だってさー。傀儡ですか。操り人形ですか。タクシンが嫌いだっつぅことのやうですな。大変ですなぁ。タクシンの経歴をウィキペディアで見てたら、「イースタン・ケンタッキー大学で刑事司法修士をわずか4ヶ月で終え帰国」て・・・
バンコクの傀儡。 | 納税起源前五世紀 | 2008/07/01 10:11 PM